画像の配布方法

d0110849_4273385.jpg
↑この前神戸に行った時に撮ったレストラン。

・・・やっと半分。。。(T▽T)



ダンス撮影以降、今日で丸5日、パソコン点けっぱなしの状態で ”寝てるかメシ食ってるか画像処理してるか” という生活を送っております・・・フロも入ってるケド。。。

去年と比べて撮影枚数が減っている自覚症状があったのですが、改めてキチンと見てみると結局多かったです・・・しかも相当に。

トコロで、私自身過去には 地元のだんじり祭り で3日間で6000枚撮ったコトもあるのですが、こんな感じの 『多数の人を、多量の枚数撮影する』 というパターンの時、一番悩むのが ”その撮った写真の配布方法” です。

何千枚という写真を何十人・何百人という人に配る場合、普通に考えれば CD なりに焼くのが一番ポピュラーだとは思うのですが、実際問題としては、業務用 CD ライターでもない限り、コレはコレで結構な手間が掛かるモノです。

そこで私の場合、

●これら何千枚という写真を
●それぞれにサムネイルを作って全てサーバーにアップロードして
●その URL を知らせて、好きな写真だけダウンロードしてもらう

という方法を行うコトがあります。
もちろん、何千枚分もの写真の ”サムネイル→画像ファイル” に対応する HTML を作るのはそれだけでトンデモなく大変なので、プログラムで動かすのですが。

で、コレはコレで、ADSL だと、総トータル1GB分ほどの画像を FTP でアップロードするのに1時間くらい掛かったりします。

・・・で、今、取りあえず先日のリハーサル分約 1300 枚 (サムネイル含めると 2600 枚) をサーバーにアップしている最中で、その時間を利用してコレを書いていたりする今日この頃です。。。

by land_walker | 2007-05-05 05:28 | /旧:ホトぶろぐ 1st Editon | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : https://canowalk.exblog.jp/tb/5330048
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by maui-j at 2007-05-05 11:39
やっぱり神戸いいです。
しかし、大変ですねぇ。
プリントに出さなくていいと言うことは、自分で処理をしなくてはならないということになるんですね。
自分を探すの大変かも…。
Commented by wasyou-bekkazu at 2007-05-05 23:19
確かにネット環境が便利になり、写真を配布するのも工夫次第で楽になりましたよね。
でも、1GB分というのはすご過ぎる(-_-;)
Commented by デビル at 2007-05-06 13:18 x
紙焼きのお金がかからなくなった分、手間がかかるようになりましたね。
受け手側も1300枚の中から自分の欲しい写真を探すのも大変だ。
せめて受け手が大変な分、送り手が楽になるといいのにね。
Commented by land_walker at 2007-05-06 22:37
■maui-jさん。
神戸本当にイイですよね~、特に用が無くても撮りに行きたくなります。
枚数が増えると色んな部分で工夫が必要になってきますね。
Commented by land_walker at 2007-05-06 22:40
■ベッカズさん。
実際にネットを利用している人にとってはコレも当然のように思えるのですが、実際にはまだまだ極一部ですね。
今後、色んな部分でもっと工夫が必要になってくると思います。
Commented by land_walker at 2007-05-06 22:44
■デビルさん。
地元のだんじりの時は、年配の方とかパソコンやネットを利用されない人の方が圧倒的に多くて、これのプリント版の申し込み方法とかも考える必要がありました。
数千枚の中から自分が写っている写真を探し出すのも大変ですが、それの受注方法もまた大変でした。(^^;