自作:ペットボトルステディカムw

d0110849_20453692.jpg
今まで ”車載カメラ” ばかりに意識が向いていたのですが、三方五湖 とか 東尋坊 で動画録ってみると、やはり 『歩きながら』 の部分がかなり見苦しいコトが分かりました。。。(TT;
で、簡易版のステディカムを作ってみました。。。 ペットボトルで。。。
ステディカムではジンバルを組み入れるのが当たり前だと思うのですが、僕の場合はそこまで厳密なモノでなくてもイイので指に引っ掛けて使うやじろべえ方式にしました。 たぶん実用新案ですw



d0110849_20433052.jpg
で、ステディカムというモノの考え方が全く分からなかったので、とりあえずコンデジの重量 (約200g) に合わせて、ペットボトルに水を200cc入れた状態で水平が取れる角度を測ってみました。
この角度は支点をペットボトル中心に近づけるほど小さくなって、例えばキャップの真上だったらそのまま真っ直ぐ垂直になります。
d0110849_20573492.jpg
上で測った角度に合わせて板を切ってみて、一応コレを土台として作ってみました。。。

で、実際に作ってみて、
d0110849_2059385.gif
左右・前後のバランスがそれぞれ ”5:5” になるのは当然なのですが、どうやら 支点上下の重量比率 がスゴく重要なようで、この上下の重量比率が5:5に近付くホド前後・左右のバランス調整が無茶苦茶にシビアになってきます。

カメラの三脚穴が重心のド真ん中にあるようならまだ作りやすいのですが、IXY31Sの三脚穴は片寄った位置にあって、正直なトコロかなり適当に考えてて出来るだけ簡単でシンプルなモノを作りたかったのですが、、、
d0110849_21101553.jpg
結果的に前後・左右とも微調整が必要になってゴテゴテした外観になってしまいました。。。(TT;
d0110849_2121477.jpg
出来るだけ上下の重量バランスを取ってみたのですが、ペットボトルの底 (水) の方が支点から遠くなるため、結局200ccどころか100ccも要らなくなりました。

あと 『一脚が簡易版のステディカムになる』 というハナシもよく聞きますので、出来るだけ支点をペットボトル中心に近づけた
d0110849_21295750.jpg
こういうバージョンも作ってみました。。。 コチラは前後・左右のバランスはかなり適当なのですが、水をかなり多めに入れていてその重さの作用だけでそれなりに水平が取れている状態です。

で、実際に使ってみた状態が ↓ です。

※実はココ無茶苦茶に蚊が多くて、『早く終わってしまいたい(T▽T;』 的な雑な歩き方になってます。。。

・・・やはりジンバルを使った仕組みのようには行かないのですが、でもフックに掛けた指の扱い感覚に慣れてくれば手持ちと比べればかなりマシになるような気がします。
コレどこか商品化してくれないかな☆

by land_walker | 2011-08-19 22:05 | My Documents | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://canowalk.exblog.jp/tb/14381077
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]