新型 Ninja 250/400 がスゴイ☆+パワーウエイトレシオのお話

d0110849_15532468.jpg
Ninja 250/400 の、新型2018年モデルが発表されたようです☆

Ninja 2018 新型 @Google

新型 Ninja250 の方は、今年発売されたホンダ CBR250RR の 38ps を上回る 39ps となっているそうで、これはコレでスゴイ事なのですが、ある意味、新型 Ninja400 の方がもっと凄くて、、



400 の方はエンジンのパワー的には現行モデルより 1ps アップしただけなのだけど、車体重量が現行モデルの 211kg から 168kg へと、43kg も軽量化されたのだそうな。。

上の写真でも分かるように、新型の 250 と 400 では外観的・サイズ的な違いがほとんどなく、重量も 400 の方が 1kg 重いだけに抑えられているそうで、つまり 250cc クラスのボディ&重量で 400cc のエンジンを載せるコトに成功したモデル・・・といえそうです。

ちなみに、CBR400R の車両重量が 194kg となっているので、新型 Ninja400 の方が 26kg も軽い事になります。 単純に考えて 2リットルのペットボトル 13本で 26kg となりますので、イメージ的には
d0110849_16570589.jpg
と、だいたいこんな感じになるカト。。
もちろん、横風や高速安定性などの関係とか、あるいはバイクのイメージ的に重さへの憧れ的な部分もあって、あえて "重量級" のバイクを選ぶ人もおられるとは思うのですが、軽いバイクは、少なくとも取り回しや機敏さ的な意味ではかなり優位に立てると言えそうです。

もちろん他にもいろいろ特徴がありそうなのだけど、僕個人的にちょっと羨ましく思ったのが、
d0110849_16563246.jpg
このメーターパネル。
アナログタコメーター、ギアインジケーター、水(油?)温計、が付いているようです。
もっともこれも、自分のバイクに十分に乗り慣れた人にとっては、タコメーターやギアインジケーターなどメーターを見なくても感覚的に把握できるような気もするのですが、水(油?)温計に関しては、夏季のオーバーヒートや冬季の暖機運転の目安にもなって助かるのではないでしょうか。

ところで、『パワーウエイトレシオ』 という、加速性能の良さを現す1つの指標のようなものがあります。
加速性能自体は、実際にはエンジン特性とかスプロケット構成とか様々な要素が関連すると思うのですが、パワーウエイトレシオとはそういうモロモロはとりあえず横に置いといて、ごく単純に "重量÷最高出力" で計算されるもので、この数値が小さいほど加速性が良い、とされる指標です。
d0110849_09495806.jpg
この表の青い部分(PwrWgt)が車両単体のパワーウエイトレシオとなっていて、一般に言われる 『パワーウエイトレシオ』 とはこの数値を指します。

ですが、バイクというのはラジコンのように車両単体で走行させることは有り得ず、必ず運転者が乗車して走らせるものなので、仮に運転者の体重を70kgとして、ガソリンを満タンにした状態での 『乗車時パワーウエイトレシオ』 を表しているのが右端のオレンジの部分(満タン乗車PwrWgt)です。

実際のトコロ、おおむねにおいて ”車両単体パワーウエイトレシオ” と ”満タン乗車パワーウエイトレシオ” はそのまま比例するのだけど、例えばこの表の上位2車種 『GSX-R1000R』 と 『CBR1000RR』 のように、車両単体だと CBR1000RR の方が上なのに、乗車状態だと GSX-R1000R の方が上になるような場合もあります。

あと、例えば 『CBR400R』 と 『新型 Ninja250』 を比較した場合、車両単体PWだと 0.06 しか差がないのに、満タン乗車PWだと 0.35 の差となるような場合もあります。

ちなみに、新型 Ninja250 と CBR250RR ですが、基本的に最高出力が 1ps 違うだけで車両重量はどちらも同じ 167kg となっています。
タンク容量も同じ 14リットル となっているので、体重70kgの人が乗車した場合の "満タン乗車PwrWgt" は新型 Ninja250 の方が 0.17 良い数値になっているのですが、
d0110849_09502946.jpg
もし、70kgの体重を63kgまでダイエット出来た場合、満タン乗車PwrWgt は0.02 上回れるようになります。
この数値は、元々の車両単体重量によって変動するので一概には言えないのだけど、おおむねにおいて、ライダーの体重を約5kg落とすことは、バイクを約 1ps チューンナップするのと同等の効果がある、、と言えるのかも知れません。

トモアレ、いずれにしましても、新型 Ninja 250/400 は、それぞれ素晴らしい性能となって登場するようで、250 / 400 それぞれに非常に魅力的なモデルとなりそうです。
発売されるのが楽しみですね☆

CBR400R 2017 白 納車されました☆エンジンスライダー・リアフェンダー等の取り付け


by land_walker | 2017-11-07 11:16 | ★そうだ☆バイクに乗ろう | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://canowalk.exblog.jp/tb/26096032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]