「ほっ」と。キャンペーン

ミニベロ&ロードバイク@適正空気圧について=3 / 空気圧単位変換表

d0110849_13382937.jpg
自転車乗ってると、やはり最低一本は ”空気入れ” ってモノが必要になってきます。。 当たり前だけど。。
で、それがロードバイクの場合は、できれば空気圧が表示される ”ケージ” が付いてるモノの方が便利らしくて、僕は一応 ↑ のような ”kPa (キロパスカル)” の単位で計れるモノを使っています。



で、実は僕、もともと DAHON の折り畳みミニベロで自転車始めたモノだから、
d0110849_1349728.jpg
この 『シュワルベ・マラソンレーサー (ミニベロ用20インチタイヤ)』 を基準にして ”自転車のタイヤ空気圧” ってモノを考えていました。
で、タイヤの空気圧を表す単位にはいくつかの種類があって、おおむね、

 ・kPa : キロパスカル
 ・bar : バール
 ・PSI : 重量ポンド毎平方インチ
 ・Kgf/cm2 : 重量キログラム毎平方センチメートル

この4種類の内の ”どれか” で、指定空気圧がタイヤ側面に記載されています。
例えば上の ”シュワルベ・マラソンレーサー” の場合は ”bar” と ”PSI” の2種類の単位で記載されていて、『4.0 ~ 6.0 bar』、あるいは 『55 ~ 85 PSI』 の範囲がこのタイヤの推奨空気圧、という意味になります。

トコロが、これら ”bar” も ”PSI” も、僕の使ってる空気入れの単位 ”kPa” とは異なるので、最初ネットで色々調べてみた上で、『このタイヤならだいたい550kPaくらいに入れとけば良さそう☆』 というコトだけを覚えた状態でずっと使っておりました。。

で、それに加えて、このマラソンレーサーというタイヤは 『ミニベロにしては高圧対応のタイヤである』 という豆知識だけはもっていたモノだから、
d0110849_13382937.jpg
このケージに書かれているマークを見て、

『ミニベロの高圧タイヤで550kPaか~。。 でもロードバイク用のタイヤは更に高圧の600~700kPaってコトだから、やっぱりロード用のタイヤってスゴイんだな~~☆』

と、このケージだけを見て、ロードタイヤの空気圧をいつも能天気に600kPaあたりまで入れる状態で使っておりました。。

で、最近ちょっと思うトコロがあって、ロードバイク用タイヤに記載されているそれぞれの空気圧を、改めて見直してみました。
すると、、、

▽シュワルベ・デュラノ (CAAD10 のデフォルトタイヤ)
d0110849_14373142.jpg
最低 6.0bar (85PSI) ~ 最大 7.5 bar (110PSI) / kPa 換算で約 600~750kPa

▽KENDA コンテンダー (クオータ・カルマ のデフォルトタイヤ)
d0110849_14372792.jpg
最大値の記載のみで 125PSI (8.5kgf/cm2 、850kPa

▽パナレーサー・クローザープラス
d0110849_14373423.jpg
色んな単位で書かれているケド kPa で見れば 700 ~ 1050kPa

・・・・・・(ーー;

つ ・ ま ・ り、、、

今まで、『だいたいこんなモンだろ( ̄▽ ̄)☆』 ってな感じでアバウトに入れてた 600kPa ってのは、シュワルベ・デュラノの場合でやっと最低値で、他のタイヤに対してはメーカーが指定する最低空気圧にすら達していなかったらしいコトが、超今更ながら判明した次第でございます。。。(T_TA;アホかと。。

しかも、タイヤの空気が同じ程度に自然抜けした場合、細身のタイヤほど圧の低下が著しく現れるそうで、つまりロード用タイヤの場合は2~3日の間にちょっと空気が抜けるだけで 50~60kPa くらいはスグに下がってしまいます。

表にするとだいたいこんな感じカト。。
d0110849_13493153.gif
メーカーが指定する上限いっぱいまで空気圧を上げてしまうのも、タイヤ側面の細かなひび割れの原因になったりしてタイヤにとってはあまり良くないらしいのデスが、、、でもメーカー指定の最低値を下回るような空気圧で乗るのもタイヤの寿命を早めてしまうにも思えてきます。
それに、そもそも空気圧が低すぎると何より走りが重くなってしまいます。。
特に上りで立ち漕ぎトカすると体重が前輪に掛かる度合いが大きくなって、タイヤがひしゃげているのが上から見ても分かるホドで、ペダルを踏むごとに ”ヴゥゥン・・・、ヴゥゥン・・・、ヴゥゥン・・・” と、いかにも重そうな路面音が響いてきます。。 ←つまり 『ちょっと思うトコロがあって・・』 というのがコレです。。

・・・ま、170cm 71kg とゆースリムな僕 d(TーT) にとっては大した問題でわないのデスが、、、でも、わざわざ重い状態で乗るとゆーのも、古くは 『星飛雄馬の大リーグボール養成ギプス』 、最近では 『太ももを紐で縛って最大能力を抑える御堂筋アキラ君』 を真似てるみたいになってしまうので、今後は750kPaを目安に空気を入れて頑張ってみようと思います。。


◆空気圧ケージ付きフロアポンプ
Panaracer ワンタッチフロアポンプ BFP-02AGEZ-S 米式・仏式・英式対応

★小形強力 LED ライト★

手のひらサイズの強力 LED ライト。
”自転車専用” というワケではないのですが、かなり強力で照度調整も可能な小形 LED ライト。
夜間走行時のパンク修理など、一本あれば何かと便利です。


by land_walker | 2013-08-25 16:32 | ◎趣味の徒然メモ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://canowalk.exblog.jp/tb/19530385
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]